スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■雄冬へ-後編-

翌日は増毛まで足をのばし、国稀酒造へ行きました。
試飲もでき、運転しない私は、運転手の方を横目にくぴくぴと
飲んでいました。

地元でしか買えないお酒や、限定ものも味わいました。

●こんな風情のある建屋です。
090705_0934~0002 090705_0935~0001

●建物の中は、お酒が展示してあったり、
ラベルがガラスケースに入っていたり、楽しめるようになっています。
090705_0940~0001 090705_0941~0001 090705_0941~0002


●試飲コーナー。
090705_0954~0001

●試飲したお酒が並べてあります。
090705_0954~0002



お酒の味はあまりわからない私ですが、飲み比べすると、
これが好きとか、飲みやすいとか、多少なりともわかった気に
なってきました・・・しかし、やはり途中から酔っ払い、
どれもおいしくいただいたのでした。

そんな中で、味が気に入ったものや地元限定のものなど
実家のお土産にしようと購入したのがこの3本。
左の大吟醸は味がおいしく、真ん中の水色のは増毛・留萌地区限定、
一番右は甘めで期間限定のものです。
甘めの清酒が好きな父に贈る予定です。
090711_1518~0001

さて、自分へのお土産はこちら。
酒かすアイスは本当に日本酒の味。
ドライバーだったら飲酒運転になるかも?
また、国稀の吟醸あられ。
こちらはサクサク、お酒は感じないおいしいおかきでした。
090705_1016~0001 090705_1025~0001

夏の日本海は海がきれいで、ドライブには最高です。

とても充実した二日間でした。

テーマ : 感動した!! - ジャンル : ブログ

■雄冬へ-前編-

土日を利用して雄冬へ行ってきました。

毎年、仕事関係の人に誘ってもらうのですが、
今年もお声掛けいただきました。


雄冬は日本海に面していて、札幌からはずっと海沿いを走ります。
日本海の水は澄んでいて海の底が水色に見えます。ほんとにキレイです。

雄冬は、岩肌の見える雄大な山と、透明な海の間にある
小さな町です。宿から日没が見える静かな海の町です。

●堤防からみた町。
090705_0701~0001

●テトラポットの向こうにはずーっと海が広がっています。
 1時間も散歩しました。
090705_0704~0002

●私は、このいくら丼を2杯、ぞうすいとおじや、
あわせて丼4杯も平らげました。
090704_1817~0001

●お料理の一部。海老が10尾ほど。
 お刺身もはたはたのてんぷらも鰊の煮付けも
 とてもおいしかったです。
090704_1754~0002 090704_1754~0001

夜は、みんなで話し、笑い、また仕事やいろいろな考え方についても
勉強になる話を聞けました。普段、話をしない方たちとも仲良くなれて
本当に楽しい時間でした。次の日は増毛にて、国稀酒造へ・・。
続きは後編で。



甘いもの大好き

昨日、ゴルフに行きました。

先日、たまたまご飯を食べに行った4人で
「よし、ゴルフ行くか!」という半ば勢いだけできまったゴルフ。

それでも、とても楽しくて、デビュー戦であった私の上司が
とても初めてとは思えないスコアでした。
私が昨年ようやく越えた自己ベストを、
デビュー戦でさらりとこえたので・・・。
私の上司は何でもさらりとやってのけるのです。

私は途中で寒くなり、上着をきてプレーしてました。

・・・とゴルフの話はここまで。
帰りに、一緒にいた人がおいしいケーキ屋さんを教えてくれました。

住宅地にあるお店で、見た目はお花屋さんのよう。
でもお店に入れば、手造りのケーキや焼き菓子が並んでいます。
手作りなのでどれも無添加。
そこで、そのお店を教えてくれた人が、おすすめをプレゼントしてくれました。

●ブルーベリーといちごのWシュー
ボリュームがあるのですが、甘すぎないカスタードと生クリームで
あっというまに完食。
090606_1758~0001

●バナナのオムレット
クリームもバナナの香り。ふわふわの生地に包まれて
こちらもぺろりと完食。自然な甘みで何個でも食べられそう。
090606_1758~0002

●お店の案内です。手作り。
090606_2200~0001

●HPはこちら。
http://www.suzuki-yutaka-zoukei-geijyutu.jp/atorie_you/omise.htm


今度買ってみようと思っているのが、シフォンケーキとシュークリーム。
また、大きなお鍋に入ったプリンも売られていたので、買ってみたいです。

とにかく、どれもこれもがシンプルに作られているので、
卵や砂糖の自然なおいしさが味わえます。

テーマ : 伝えたい事 - ジャンル : ブログ

私って何色?

先ほど書いた「うなぎ」ブログの続き、
帰り際に3人で「バー山崎」で飲んでいくことになりました。

私も数回しか行ったことはないのですが、
初めて一緒に行った後輩(女の子)が「自分にあった色のカクテルを作ってもらいたい」と
言ったことで、それぞれ3人にあったカクテルを作ってほしいと注文しました。

色、味、どんなのが出てくるだろう、、とわくわく。

●そして、後輩のイメージで作られたカクテルがこれ。
初めてのお店なので、まずはその後輩の見た目で
イメージして作ったとのこと。カシスで飲みやすく女の子の好きな味。
090605_2254~0001

●私のイメージはこれ。
何度か行って、カウンターで話す姿も見られているので
「こんな性格かな、と思って」といわれて出されたのですが
ブルーキュラソーとレモン汁、さっぱりとした味わい。
私のカクテルの色がきれいすぎると、一緒にいた人に言われました。
090605_2253~0001

●さて、最後に、これ。
マールといわれるブドウの搾りかすを発酵させたものが
使われているらしく、「クセのある味が必要かな」というのが作り手の気持ち。
普通じゃ納得しないだろう、、、という思いだったようです。
さすが、バーテンダー、よく人をみていますね。
090605_2254~0002


こんなふうにお酒で遊ぶのも楽しいですね。
今後、何度かお店に行ってから、また同じように作ってもらったら、
何色になっているかな?と話も弾みました。

とてもグルメな一日で、満足。
本当にごちそうさまでした。

テーマ : 伝えたい事 - ジャンル : ブログ

鰻の会席!

鰻っておいしいですよねえ。
大好きです。

先日、そんな会話から私含め3名で「天然鰻会席」を食べに行くことになりました。

会社から少し離れた場所にあるお店を予約して、
わくわくしながら迎えた当日。

天然会席の「うなぎ」は、脂が上品で臭みが全くなく、
いくらでも食べられる気がしました。
身はつまっていてしっとりしながらも、ふっくらです。


●塩串焼き、きも焼き
きも焼きを始めて食べました。
魚のきもっていうと、生臭いようなイメージがありましたが
全くの間違い。きもの食感ときもの香りがお酒に合う。
いつになくお酒がすすみました
090605_1916~0001

●焼立てう巻き
ふわふわの卵の中にうなぎ。
うなぎは身がしっかりしているのにふわふわで、
軽くとけるうなぎの脂がより一層、ふわふわに感じさせました。
大きなう巻きなのに、まったく重さがなくぺろり。
090605_1931~0001

●地焼と胡瓜の酢の物
「酢の物」なのでイメージしていた味がありましたが、
「酢」がうなぎのうまみを引き立てていました。
皮がさっくりしていて甘すぎず濃すぎない脂と酢が絶妙!
090605_1920~0001

●白焼本わさび添え
出されたわさびが少し変わっていました。
すりおろしたばかりのようなみずみずしい感じでしたが
山わさびのような香りがありました。でも、色は透きとおった緑色。
シンプルなだけに、うなぎ自身のもつ旨みが楽しめました。
090605_1951~0001

●蒲焼
うなぎといえば蒲焼!蒲焼大好きです。
ふっくらうなぎを香ばしく焼いてあり、そのままでも、
またタレを少しかけてご飯と一緒でもおいしくいただきました。
090605_2027~0001

その他、鰻入り土瓶蒸しもありお腹もいっぱいになりました。

おいしいもの食べると、本当に幸せを感じますね。
こんなふうに、たまにでも贅沢できる環境にいられることは
本当にありがたいと感謝しました。



テーマ : 感動した!! - ジャンル : ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。